沿革

昭和23年3月 機械工具商三機商会を創立(名古屋市中村区南祢宮町24番地)
昭和25年10月 合名会社三機商会に改組(昭和32年7月名古屋市中村区水主町1の9に移転)
昭和30年 治貝および治工具部品の設計・製作の取扱開始
昭和35年 専用機・装置関係の設計・製作の取扱開始
昭和36年4月 三機商事株式会社を設立(資本金300万円)
昭和37年10月 自動販売機の取扱いを開始
昭和38年8月 資本金を600万円に増資
昭和39年4月 金属工作機械の取扱いを開始、資本金を1,000万円に増資
昭和41年3月 本社社屋第1期工事完了、現在地に移転
本社第1期工事完了
昭和41年5月 浜松出張所を開設(浜松市馬込町420に開設後、昭和53年5月浜松寺脇町1511に移転、昭和61年12月15日現在地に移転、浜松営業所と改称)
昭和43年5月 資本金を2,000万円に増資
昭和43年11月 本社社屋第2期工事完了
昭和44年5月 資本金を3,000万円に増資
昭和46年5月 資本金を4,500万円に増資
昭和53年5月 資本金を5,400万円に増資
昭和54年5月 資本金を6,210万円に増資
昭和56年3月 名古屋中小企業投資育成株式会社の資本参加を得て資本金を8,000万円に増資。電子事業部新設
昭和57年3月 電子工場新設
昭和57年12月 雇用保険優良事業所として愛知県知事表彰を受ける
昭和60年5月 資本金を9,000万円に増資
昭和63年12月 有限会社三機ファイナンスを設立
平成3年9月 資本金を9,900万円に増資
平成7年8月 本社社屋全面外装工事完了
本社外装工事完了
平成10年1月 SANKI NORTH AMERICA,INC. を設立
平成13年7月 ソウル駐在員事務所を設立
平成14年4月 メカトロ部ISO9001:2000審査登録
平成15年8月 メカトロ部新社屋完成
平成16年6月 ISO9001:2000登録拡大(本社)
本社全面改装
平成16年11月 「納税功労者」として名古屋市から表彰を受ける
平成17年7月 ISO14001:2004 本社とメカトロ部で取得
平成17年9月 SANKI EUROPE KERESKEDELMI KFT.を設立
平成18年7月 ソウル駐在員事務所を韓国支社へ変更
平成20年3月 航空宇宙産業用の治具・治具部品の調達及び販売において、品質マネジメントシステム(JISQ9100:2004/JISQ9001:2000)を審査登録しました。
平成20年3月 環境方針の見直しをしました。
平成20年10月 北九州営業所を開設しました。
平成20年12月 モノづくりECショップ「モノ蔵」を開始しました。「モノ蔵
平成22年10月 中国拠点 広州三運机貿易有限公司を開設しました。
平成26年1月 インドネシア拠点 PT. Sanki Mechatro Indonesiaを開設しました。
平成27年2月 株式会社サンキマシンと経営統合し社名を株式会社三機と改称
平成28年1月 インドネシア製造拠点 PT. Sanki Machine Indonesiaを開設しました。
  • モノづくり支援サイト モノ蔵
  • 会社紹介資料